皆さんはディスクリプションという言葉はご存知ですか?

なんだろう(´・ω・`)?

ディスクリプションとは検索エンジンで一覧表示されたコンテンツの概要文のことです。

ディスクリプション自体は検索順位に影響を与えないためキーワードを気にする必要はありません。

ですが検索する人がそのコンテンツを読んでくれるかはタイトルとディスクリプションにかかっていてとても重要です。

何書けばいいんだろう?

結論からいえばこのディスクリプションで書くのは3つです

検索意図はこうですよね?-検索意図の確認です

こうすれば解決できますよ-答えです

結果こうなりますよ-改善した後の結果です

ディスクリプションの書き方

もう結論書いてしまったのであとはすっとばして構いません(;'∀')

今回のお話しは記事をクリックしてもらうために最善を尽くそう!がテーマです

では検索意図に沿った記事であることをアピールするにはどうすればよいでしょうか?

ずばり答えを書いちゃうことです

概要文を定型化しておくと書きやすい

冒頭の通りですがこちらを定型化しておけば迷わず書けるようになっていきます。

  • 検索意図の確認
  • 答え
  • 結果

但し、ディスクリプションは一定の文字を超えると省略されてしまうため気を付けましょう。

文字数制限についてはこちらで詳しく書いてあるので合わせて読んでみてください

書き出しの定型化

検索する人は何かを知りたがっています。

なぜかは様々で「困っていたり興味本位であったり苦しんでいたり・・・」

なので

  • ×××に困ってませんか?
  • ×××を知ってましたか?
  • ×××で苦しくないですか?
  • ×××がすごい流行ってるのご存知ですか?

のような書き出しで始まると検索意図に沿った内容であれば俄然目を引きます。

答えの定型化

次にもう結論書いちゃいましょう。

とにかくブログは早くから興味を惹きつけなければ離脱されてしまいます。

今回は記事本文の話ではないので離脱ではなく選ばれない記事になってしまいますね。

出し惜しみはよくないんですね

書き出しに対する答えをサラリと答えてしまうディスクリプションは俄然目を引きます

答えの成果の定型化

最後に答えをやった結果こうなりますっていう成果を書きましょう。

問題提起-答え-成果とつなげれば記事の概要としては最適です。

よしディスクリプションはこれで完璧だ!

自分のディスクリプションを見てみよう

興味本位で自分を見つめてみる?って話題なので見たくない人はすっとばしてください。

自分の書いた記事がグーグルさんにどうやってインデックスされているか興味ありますか?

明日さんはもう何度も見ています

やり方は簡単です。

site:URL

あなたのホームのURLの前にsite:をいれて検索するとインデックスされたものがずらりと並ぶはずです。

客観的にみてディスクリプションからこの記事読んでみよう!って感じになっているか確かめるのも面白いかもしれません。

気づくこと

今回のお話しから少しそれてしまいますが自分が想定しない記事がインデックスされていませんか?

中途半端な記事一覧や削除した記事や訂正した記事エトセトラ。

もしそんな記事が見つかったらそれはサーチコンソールで修正が必要な記事です。

記事後半に重複コンテンツのことを書いてあるので合わせて読んでみてください

www.asitadousuruyo.com

まとめ

  • ディスクリプションには検索意図の確認、答え、結果の3つを書けばいい
  • 書き方を定型化しよう
  • インデックスされている自分のディスクリプションをみてみよう

本日の明日さんのディスクリプションはこちら

皆さんはディスクリプションの書き方にきちんと気を配っていますか?最初に読者の目につくタイトルとディスクリプション(検索結果にでている記事の概要)はとても大事です。その書き方をマスターすれば1か月後のPV数は大幅改善間違いなし!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事