狼の前でポーズする少女

 

そろそろ明日さんのブログも独自性を求めていかないといけません。

掲げるお題はブログ運営。

カスタマイズにブログの書き方、便利ツールにSEO対策・・・

どんな独自性を持てばいいんだろう?

どんな人がブログ運営というテーマに興味をもつかを考えると明日さんと同じくブログを手探る人

明日さんがブログ運営をテーマにした理由はブログで成功するためにいろいろと調べなければいけなかったから。

どうせ調べて会得するならそのままブログにしちゃいましょう的なやつです。

じゃあ明日さんは今どんなことを調べているのかな?

今探しているのは実際の成功ブログだよ(´・ω・`)

でも具体的にどんなブログを成功させているのかはほとんどマスクになっています。

なんでだろう?

成功しているブログ=稼げているブログ

それを公表することは競合を増やすことになるから。

じゃあなんでわざわざ成功体験を見せつけてHOW TOブログが乱立しているのでしょうね?

たいていはこんなフレーズが入っています。

他で儲かっているのでここは趣味でやっています的な。

ホントかな?

基礎的なSEO対策、デザイン、ライティング、分析ツールのお話は親切に教えてくれてます。

でも実は基礎を持った上で・・・どんなカテゴリーをどんな風に書くのか。

ここが一番、儲けに直結する部分です

その部分に言及したブログはとても少ないなぁ|д゚)

紹介してくれないなら自分で成功しているブログを分析してみればいい

明日さんはブログのマーケティングリサーチを始めます。

マーケティングリサーチってなんだろ

・マーケティング

商品やサービスが,生産者から消費者・使用者に至る間の流通過程を方向づけるための企業活動。消費者の欲求に応じた製品の大量生産により大量販売を促進することを目的とする。マーケティング・リサーチ,製品計画,広告その他の販売促進など広範な活動を含む。

百科事典マイペディアより引用

・マーケティングリサーチ

マーケティングの諸問題を調査課題とし,その諸事実を明確にするとともに,意思決定のための基本情報を提供するもので,単なるデータの収集・分析ではなく,市場実査market survey,市場分析market analysisと異なり,問題解決に積極的に貢献するものでなければならない。

百科事典マイペディアより引用

なんだか難しそうですがざっくりと説明すると市場のニーズを調査するものです。

ウェブ上のマーケティングで言えば需要や競合のあるキーワードを調査するキーワードプランナーがわかりやすいです。

明日さんは何を調査するの?

  1. 大きなカテゴリーの中で主要なキーワードとなっているものを探します
  2. 主要なキーワードとセットになるサブキーワードを選びます
  3. 実地で上位10位までのサイトの情報を提供します
  4. 情報の内容は法人・個人の区分、ドメインエイジ、ドメインパワー、SEOスコア
  5. キーワードに該当する購買層の割り出し
  6. キーワードに該当する購買商品の割り出し
  7. 個人ブログの参入不可の判定

最初のうちは1~4を続けていこうと思っているよ

ウェブマーケティングの本などを読み漁って実力が伴えば5~7の深層を調査できるといいなと考えています。

子育てに関するキーワードリサーチ

子育てといってもその中にはとってもたくさんのお話しがあります。

全般的なお話しは話題に事欠かない分、色も薄くなってしまいます。

そこでコアな部分をまず決めて全般的な子育てを装飾していく方が読者を得られそうですね。

(´ε`;)ウーン…コアな部分てなんだろう

とりあえずキーワードプランナーで検索のボリュームをみるとヒントがあるかもしれません。

ブログ全体としてのお題(キーワード)を決める

まずはサジェストを抽出してくれるサイトで子育てをピックアップしてみましょう。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

こちらで子育ての入力して取得開始ボタンを押してみます。

いっぱいワードが出てきたと思うので全キーワードリストの部分を全部コピーします。

次にキーワードプランナーを開けて【検索のボリュームと予測のデータを確認する】にペーストします。

ここで月間平均検索ボリュームがそこそこある1000~1万あたりをみてみることにします。

子育て

  • 辛い
  • 仕事
  • 漫画
  • ベビー
  • ママ
  • 悩み
  • パスポート
  • 疲れた
  • サロン
  • 大変
  • クイズ
  • ゲーム
  • 相談
  • ストレス
  • 失敗
  • 英語
  • 支援員
  • 費用
  • イライラ
  • アプリ

キーワードプランナーはブログを書く上でかなり重要なツールになると思います。

【子育て】とサブキーワード【辛い】の組み合わせによる検索上位

順位 区分 会社名 ドメインエイジ ドメインパワー ページ集客 SEOスコア
1 法人 グレイプ 5年2か月 61 33 56
2 個人 1年9か月 11 9 48
3 法人 小学館 1年11か月 37 20 43
4 ツイッター
5 個人 1年4か月 25 20 42
6 法人 ネクストビート 3年6か月 38 26 不明
7 個人 2年3か月 30 20 39
8 個人 7年6か月 18 14 44
9 法人 ベネッセホールディングス 20年8か月 77 35 39
10 法人 読売新聞 24年1か月 90 39 44
番外編 個人 明日どうするよ 2か月 4 13 57

上位10傑のうち4コンテンツが個人ブログでした。

表の読み方

・ドメインエイジはドメインの年齢、サイト立ち上げからの年数です。

・ドメインパワーは100を最大とした時の数値です。

・ページ集客も100を最大とした時の数値です。

・SEOスコアは100%を最大とした時の数値です。

 ドメインエイジチェックツール

他にもあると思いますが明日さんが使った無料ツールはこちらです

ドメイン年齢チェックツール|SEOツール【ohotuku.jp】

ドメインパワーチェックツール

mozが有名みたいですが明日さんが使った無料ツールはこちらです

Domain Authority Checker - Moz DA PA Checker of multiple urls

SEOスコアチェックツール

他にもたくさんありますが明日さんが使った無料ツールはこちらです

SEO Checker - Check website SEO score | SmallSEOTools

自分の明日を思い描く参考ブログを探す

検索ボリュームのあるキーワードで上位に食い込むことができるブログになれば月間PV数は初期とは比べ物になりません。

でも、当然そのようなキーワードで上位を狙うのは至難の業です。

どうすればいいの?

ブログ初期ではほとんど検索されないワードをとにかく選びます。

ブログ自体がニッチな分野をテーマにしている場合は何をキーワードにしてもオーガニック検索を獲得できるチャンスがあります。

しかし、ブログテーマが検索ボリュームの多い分野だった場合、検索上位は難しいことです。

そこで、テーマの中で見向きされないワードを選ぶことで記事単体ではニッチな分野を拾い上げるイメージです。

もちろんテーマが大きい分、ニッチワードで検索を拾えないことは大いにありえます。

実際、子育てのサブキーワードは10~100のニッチなワードでも企業のサイトが上位を独占しています。

メインワードが商品販売に繋がるキーワードなだけに一般のブログは分が悪いですね

しかしロングテール戦略はブログが軌道に乗った後、土台がきちんとしている分、安定的なPVを見込めるようになるものです。

このように外堀から埋めるようにニッチなワードを狙ってブログの土台を作り上げる方法をロングテールSEOといいます。

目先の検索流入が拾えなかったとしても初期ブログでは是非やっておきたい手法です。

具体的な記事作成

先ほどのキーワードプランナーを使い月間平均検索ボリュームが10~100のワードを拾い出します。

膨大な量なので抜粋するとこんな感じです。

子育て

  • DYI
  • ワンルーム
  • 自転車
  • 実家
  • 座談会
  • 在宅
  • 残業
  • ご飯
  • 義母
  • 住まい
  • 1人の時間
  • 便利 家電
  • 番組
  • 怒鳴る
  • 年齢別
  • 習い事
  • 絵本
  • うるさい
  • 睡眠不足
  • 口コミ
  • ユーチューバー
  • 休みたい
  • 他多数

検索実績のあるニッチなワードを使ってタイトルを決めていきます。(ニッチと呼べるほど過疎ワードではないですが)

どんなサイトに勝とうとするのかチェックするクセをつける

ここでも【子育て DYI】の検索をして検索上位にどんなサイトがあるのか見てみましょう。

ニッチなワードに関わらず会社運営サイトが上位を占めていますねw

子育てのワードについては大手がたくさん参入しており隅々までフォローしています。

検索1ページ目に載せるのはよほどのドメインエイジをもつブログでなければ難しそうですね。

それでも上位に名を連ねる個人ブログは凄いなぁと素直に思います。

拙い例になりますが明日さんもこんな感じでタイトル作ってみました

【娘と悪戦苦闘!100均でも綺麗にできたトイレのDYI

みたいな感じでキーワードを入れていきます。

センスないんじゃないの?

【子育て】はブログタイトルに入っていると仮定しています(´・ω・`)

なお、ブログお役立ちサイトにはキーワードを最前列にした方がいいと指南していることがあります。

うまく語呂合わせができればその方がいいのかもしれませんが今の検索技術は前か後かを苦にしないと思われます。

明日さん的にはきちんとワードを入れれば気にしなくていいのかなと思っています。

ブログ名の活用

ちょっと触れましたがブログ名はそのままSEO上のキーワードになることを頭に入れておいてください。

ちなみにはてなブログのブログ名はh1になっています。

つまりメインキーワードを含むブログ名にすると記事はグーグルさんからこんな風に見えます。

h1タグのブログ名(メインキーワード)+h1タグのブログタイトル(サブキーワード)

先ほどのDYIの例でもメインキーワードはブログタイトルにいれてません。

でもSEO上はちゃんとメインキーワードとして評価されることになります。

ブログ名をもう一度考える

メインキーワードを含めるほかにブログ名でもう1つ考えた方がいいことがあります。

それは文字数です。

長いブログ名はそれだけで検索上は不利になることを知っておきましょう。

検索されたときに表示されるタイトルは32文字です。

このタイトル部分はブログタイトル+ブログ名が表示されますが例えばブログ名が25文字だとしたら7文字のブログタイトルにしなければ省略されてしまいます。

クリックを促す最終審判は検索表示されたタイトルとディスクリプションです。

省略されて・・・になっていたらせっかくのワードを活かせなくなってしまいます。

明日さんのブログ

自分でこんなこと言っておきながらブログ運営という言葉がブログ名に含まれておりません。

絶対的に不利なネーミングですがなぜか2か月を経過して愛着がわいてしまったので今のところこのままでやってみようと思ってます。

検索流入を伸ばせないと悟ったら躊躇なく変えると思いますがw

薄情だね

まとめ

  • キーワードごとの現状分析をするブログにする
  • 【子育て】【辛い】キーワードの検索上位は個人ブログが10件中4件
  • 目指すブログを見据えて土台作りの初期はニッチなワードを探す
  • ブログ名はメインキーワードを入れたほうがいい
  • 長いブログ名は検索上不利になる
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事