当ブログへようこそ!

このブログはこんなあなたに役立つよ!

【恋愛】をキーワードにブログを書いているあなた

⇒あなたのブログキーワードを分析するよ(お役立ち度◎)

ブログを始めたい人

⇒ブログ運営カテゴリーを全部読んでみよう(お役立ち度◎)

興味のあることを書きたいだけの人

⇒知りたいコンテンツを読んでみよう(お役立ち度△)

ちょっとしたお小遣いを考えている人(クリック型報酬)

⇒ブログアフェリエイトのカテゴリーを読んでみよう(お役立ち度◎)

ごっそり稼ごうと思っている人(成果型報酬)

⇒サイトアフェリエイトのカテゴリーを読んでみよう(お役立ち度△)

【恋愛】テーマの需要とアフェリエイト商品

今回のテーマは【恋愛】です。

マズローの欲求5段階説によれば人の欲求は

  1. 生理的欲求:基本的・本能的な欲求
  2. 安全欲求:安心・安全な暮らしへの欲求
  3. 社会的欲求:友人や家庭、会社から受け入れられたい欲求
  4. 承認欲求:他者から尊敬されたい、認められたいと願う欲求
  5. 自己実現欲求:「あるべき自分」になりたいと願う欲求

の5段階に分かれていると考えられています。

恋愛を当てはめてみるとこんな例になりますね(ダメな部分)

相手の生理的欲求を気遣えない行動

  • ㊛お腹減った・・・㊚オレは腹減ってないから早く行こうよ

安全欲求を考えない行動

  • ㊛私お酒飲めない・・・㊚飲めないお酒をどんどん飲ませる

コミュニティを大切にする社会的欲求を抑制する行動

  • ㊛友達とも遊びたい・・・㊚女同士で何するんだよと束縛する

承認欲求に答えない行動

  • ㊛素敵な彼氏と言われたい・・・㊚身だしなみを考えない、粗暴な態度をとる

自己実現欲求の違い

  • ㊛人にどんな風に思われても彼が好き・・・㊚意識レベルに違いがある相手

さて明日さんは恋愛をテーマにブログを書く訳ではありませんのでお戯れはこのくらいにして、【恋愛】テーマの需要アフェリエイトに向くキーワードを確認していきたいと思います。

クリック型報酬を目指すあなたへ

【恋愛】は想像通りとても多くの人が検索しているキーワードでした。

需要のあるキーワードですから競合も多いはず?

でも実は激戦区とも言えません。

競合が多数いるキーワードには必ず売れる商品群があるものです。

ところが【恋愛】のキーワードにはそのような商品群が存在しないのに検索量は多いキーワードが数多くあるのです。

クリック型の報酬で副次的に収入を考えているあなたには適したキーワードが眠っていそうです。

需要が1000~1万の キーワード

月間の検索量が10万~100万のキーワードを見てみましょう

サブキーワード 競合
映画
占い

月間の検索量が1000~1万のキーワードを見てみましょう 

サブキーワード 競合
日記
相談
ゲーム
心理学
小説
診断
心理 テスト
占い 無料
ドラマ
ポエム
名言
暴君
サーキュレーション
ソング
アニメ
漫画
コラム

1つのキーワードに絞る戦略

例えば【恋愛】【名言】を固定して更にサブキーワードを追加するキーワード戦略と固定するのは【恋愛】だけにしてサブキーワードをニッチなワードにする戦略が考えられます。

2つのワードを固定して3つ目のワードを追加するようにコンテンツを揃えた場合、専門性が深まるブログとなっていきます。

メリット

特定のワードで上位検索を取りやすくなり、ピンポイントの集客も見込めます。

デメリット

話題を絞っているため続ける過程で窮屈になりやすい、俗にいうネタ切れになりやすいです。

複数のキーワードで攻める戦略

固定するのは【恋愛】だけにして2つ目のキーワードを自在にするコンテンツを揃えた場合、幅広なブログとなっていきます。

メリット

縛りが少ない分、話題を多く考えることが出来ます。

デメリット

専門性が少ない【恋愛】全般を書くブログとなるため、ターゲットも広範です。

グーグルからの評価も同じようになるため検索流入を見込む時期は必然的に後手に回ります。

成果型報酬を目指すあなたへ

【恋愛】というキーワード自体が広範囲であるためか検索量が多いワードでも競合の少ないものが多く存在します。

一方で広告商品に直結するキーワードは多くの競合が存在します。

ポイントは競合が多いワードの検索量はビックワードと言えるほどではない点です。

競合が高のキーワード

サブキーワード 月間平均検索量
電話 相談 100~1000
エッセイ 100~1000
本 おすすめ 100~1000
指輪 10~100
カウンセリング 100~1000
パーティー 10~100
弁護士 10~100
ピンキーリング 10~100
ブレスレット 10~100
占い 当たる 1000~1万

競争率の高いキーワードに含まれるアフェリエイト商品

サブキーワード 商品 アフェリエイト
電話 相談 相談サイト
エッセイ 恋愛本
本 おすすめ 恋愛本
指輪 ジュエリー
カウンセリング カウンセリング紹介
パーティー 婚活パーティー等
弁護士 弁護士紹介
ピンキーリング ジュエリー
ブレスレット ジュエリー
占い 当たる 占い師紹介

高額なアフェリエイト商品

ジュエリーが購入価格の3%~10%のため、モノによっては高くなります。

その他についてはお問い合せや登録完了などがコンバーション成立の時期となりますが1件あたりは3,000~5,000円のアフェリエイトとなるため、数をさばかないと大金を稼ぐことは難しいです。

ロングテールの戦略

サイトアフェリエイト成功の1つのカギは専門性です。

1つの分野を徹底的に深掘りするロングテールを目指すのが最良のため2つの固定したキーワードをベースにワードを追加するロングテールに仕上げることをお勧めします。

豆知識(´・ω・`)専門性という言葉の意味を理解しよう 

「同じ恋愛なら色々サブワードを使っても専門性が損なわれることなんてないじゃん」と考えちゃいますよね?

違うの?

少し例をあげるので一緒に想像して見てください。

サッカー専門チャンネル

有料のサッカー専門チャンネルがあったとします。

サッカーが好きなのでサッカー全般を扱う番組だから加入したとします。

ところが番組制作者はより多くの人を取り込めたらと思って野球の試合結果も番組に組み込んでいたとします。

スポーツという大枠では同じでもサッカーが観たくて加入した人にするとお金払ってまで観てる番組にサッカーじゃない番組があったらどう思いますか?

それは民放で観るよ!とツッコむ

横浜F・マリノス専門チャンネル

とにかくマリノスが好き!という人のための番組ですがマリノスに関係する他の試合は専門性を阻害しません。

でも、ブンデスリーガの試合はあまり関係なくなってしまいます。

より絞った番組を放送しているとコアなファンにはたまらない番組になっていきます。

そのような専門チャンネルでそれ以外の情報を組み込んでいってしまえばとたんにその専門性が薄れてしまうということです。

確かにそうだね

【恋愛】キーワードの現状の例示

キスする二匹の黒い子豚

明日さんのブログは主にブログアフェリエイトをする人のためのコンテンツです。

例示としてはブログアフェリエイト向きな【恋愛】【日記】の2ワードで検索上位を目指す場合の現状をレポートしようと思います。

順位 区分 ドメインエイジ
1 個人 5年3か月
2 個人 14年9か月
3 法人 19年1か月
4 法人 不明
5 個人 18年
6 法人 7年6か月
7 個人 15年6か月

上位10傑の中にはウィキペディアやAMAZONなども含まれていたため除外してあります。

ドメインパワーやSEOスコアなどを調べたい場合にはこちらで調べることができます。

Domain Authority Checker - Moz DA PA Checker of multiple urls

例示から読み取る成功ブログの傾向

上位は長期運営サイトが並ぶ状況です。

1位のブログは人気占い師のサイトになっているため、専門性から幅広に広げても検索上位をとれるドメインエイジともともと個人が持っている知名度が要因と思われます。

いかに上位表示させようと思っても年輪の差を埋めるのは至難の業です。

競合性は低くても上位を狙うためにはドメインパワーと専門性をもって挑まなければ厳しいワードになっています。

検索者の知りたい情報を考える

このワードを直接的に検索する人がどのようなニーズで来ているかを考えた場合、適格な答えを見いだすことができません。

目的として考えられるのは

  • 過去に上映された映画を検索
  • 小説のタイトルを検索
  • 人の恋愛日記を見てみたい願望

このようなところでしょうか。

キーワードとしてあなたが選んだ場合、検索して読みたいと思うものに合致するかを考える必要があります。

ロングテールキーワードの例示

恋愛日記に寄せていく戦略にする必要がない場合、ある程度全般的なテーマとして書いていく事も可能です。

例示の場合、「マリノスが大好き」のような専門性を持たないワードです。

  • 恋愛 日記 失恋
  • 恋愛 日記 付き合って3か月

のように恋愛 日記に集約させてもマリノスのようなコア層を発掘できるか疑問です。

複数のワードをサブキーワードにしていく方が結果としてブログとして形になるかと思います。

スポンサーリンク

【恋愛】キーワードのまとめ

  • ブログアフェリエイトの方針ならば競合の少ないワードにも検索量の多いワードが比較的多くある。
  • ブログアフェリエイトの場合、専門性を高める戦略も幅広にする戦略も選択肢として考えられる
  • サイトアフェリエイトの方針ならば検索量が多くなくてもアフェリエイト商品の紹介に繋がるキーワードを選択する
  • 現状の検索上位から学べることはとにかく年輪のあるドメインが強いということだか、ドメインパワーが強いというわけではないため、その対策を十分にすることで年功序列をいかに崩すかがカギとなる

最後に

明日さんのブログは自己満足にしたくありません。

ユーザビリティと役に立つ情報をいかに提供することが出来るかを日々考えて進めていくつもりです。

しかし、声なき声(PVの低下)の審判を下される前に要望やご意見をいただくことで方針の変更やコンテンツの充実につながると考えています。

声なき声は怖いね

参考になったという肯定的なご意見はとてもうれしく励みになります.

がっ!明日さんが成長するために辛辣なご意見やもっとこうしてほしいというアドバイス、こういう情報がほしいという要望などいただければ幸いです。

お問い合せページ、ツイッター、ブックマークどちらからでも構いませんのでどしどしご意見まっております。

どきっどきっ こっ 怖くないんだからね

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事