皆さんはちゃんと有効なキーワードを使ってコンテンツを書いていますか?

明日さんは最近まで分析ツールを使わずに検索を意識したタイトルにしていたよ(´・ω・`)

どれだけ検索を意識してキーワードを考えていたとしても検索上位になるためには自分の決めたキーワードの分析が必要です。

そうなんだ(´・ω・`)でもどうやって分析するの?

キーワードプランナーというツールを使います

グーグル広告に登録しよう

キーワードプランナーはグーグルの有料で提供するグーグル広告というオンライン広告サービスの中にあるツールです。

えっ!自分のブログを広告に出してまで集客するつもりないし、お金だって払いたくない

はい。明日さんの弱小ブログも宣伝する必要ないです

グーグル広告は成果型の有料サービスで貼り付けた広告から自分のブログに集客がないとお金が発生しません。

また、登録した後に自分の広告を中止することができます。

何が言いたいかというと。

有料サービスに登録してすぐに広告を中止するとお金がかからないんです。

ただし、最初の登録時に予算の設定をするのですが最小が1000円となっているためその金額だけは支払う形になってしまいました

他のサイトでは最初から0円でいけると書いてあったりするのですが明日さんにはできませんでした(;´・ω・)

とりあえず広告を利用する前提の登録方法がわかりやすく紹介されているのでこちらで①~⑧までを完成させたら戻ってきてくださいm(__)m

ppc-master.jp

広告はとりあえず使いませんという人はそのあとこちらのサイトで「料金を発生させないためにキャンペーンを一時停止する 」という見出しの部分に従って一時停止します。

swingroot.com

これで今後、広告をださないかぎりお金がかかることはありません。

ちなみにちゃんと作業がされているとメニューバーの下に赤いバーで「どの広告も掲載されていません - キャンペーンおよび広告グループは停止中であるか削除されています。」と常時表示されるようになります。

本来の目的はサイトの広告を効率的にするための分析ツールですが現状で広告を検討していなくても登録さえしておけばツールを使えるので便利です。

キーワードプランナーの準備をしよう

上記の手順が終わったらグーグル広告の画面右上にスパナのアイコンでツールと書いてあるボタンがあるので選択しエキスパートモードに切り替えるを押します。

エキスパートモードに切り替わったらもう一度、右上のツールを選択しキーワードプランナーを押します。

キーワードプランナーの画面

このような画面になっていたら成功なのでこの画面をブックマークしておきます。

ここで一旦キーワードプランナーは終了します。

goodkeywordを利用する

サジェスト機能というのを皆さんはご存知でしょうか。

検索エンジンにワードを入れると関連するワードを予測してその文字に続く候補が自動的に表示されるやつです。

この関連するワードを一括で拾いだしてくるのがgoodkeywordです。

ちなみに同じような無料ツールは沢山あるのでどれでも大丈夫です。

goodkeyword.net

こちらもブックマークしてください。

ツールを使ったキーワードの決め方

ここまでは準備の話でしたがここからが本番です。

ブログタイトルのワード選定で検索順位が大きくかわることを前回お話ししましたがその記事のタイトルを決めるプロセスを使って説明していきます。

www.asitadousuruyo.com

メインワードとしたいのはブログタイトルです。

ではgoodkeywordにブログタイトルといれて検索してみましょう。

goodkeywordの画面

こんな感じになりました。

そこで右下にある部分の何れかをコピーします。

コピーしたらキーワードプランナーを開けて検索の「ボリュームと予測のデータを確認する」を選びコピーしたものを貼り付けて開始ボタンを押します。

コピーしたものが並びますがここで過去の指標というボタンを押します。

キーワードプランナーの検索画面

こんな感じで表示されます。

商品の販売につながるようなワードは検索ボリュームも競合性も高いものが多いようです。

どのように見ればいいのか?

例えば上の2つを見てみます。

「ブログタイトル」検索する人が月に1000~1万いますよ。

「ブログタイトル 決め方」の2ワードで検索する人は月に100~1000いますよ、ということです。

検索する人が多ければ見てもらえる可能性は高まります。

ですがここでの比較は大が小を兼ねるような構成なので自分のコンテンツに沿うサブキーワードで見る人が多いものを選べばいいということになります。

また、今回のブログタイトルというワードにはありませんが競合は高中低の3段階に分かれています。

いくら検索ボリュームが高くても競合が高になっているワードは競争相手が多いということを意味するので良し悪しです。

選び方としては

検索ボリューム: 多い>少ない

競合: 低>高

なので一番いいのは検索ボリュームが多く競合が少ないワードです(まずないですが)

関連ワードを探してもらう使い方

ブログタイトルを決めかねている時やなんとなく関連する記事を書こうと考えている時にメインキーワードをもとにサブキーワードを探してくれる機能があります。

キーワードプランナーの新しいキーワードを見つけるを選択しキーワードとして「ブログタイトル」といれて結果を表示させてみます。

キーワードプランナーの新しいキーワードを見つける画面

実際にはスクロールすると沢山出てきます。

この中でボリュームが多く競合が少ないワードを探して自分の書けそうなお題が 見つかれば挑戦してみてもいいかもしれません。

また上にあるフィルターで関連性の強い候補に絞ることもできます。

使い方のおさらい

では最後にこの記事のタイトル選びをしてみたいと思います。

コンテンツの内容はキーワードプランナーの登録の仕方と使い方を説明したものです。

この内容に沿うキーワードをさっきの要領で探してみます。

f:id:asitadousuruyo:20190327142155p:plain

登録という言葉よりログインという言葉の方がボリュームがありました。

自分の決めた内容は以下の通りです。

キーワード

メインキーワード:キーワードプランナー 1万~10万 低

サブキーワード:ログイン 100~1000 低

サブキーワード:使い方 1000~1万 低

ディスクリプション(記事の概要)

(108文字)

キーワードプランナーを検索してもでてこないって人多くないですか?キーワードプランナーはグーグル広告の中にある1つのツールです。ツールだけを使いたい方は見ていただければどうやって登録するのか、どう使うのかがわかります。

タイトルタグ(title要素)(検索エンジン向けで検索した時にでてくるタイトル)

(21文字)

キーワードプランナーのログイン方法と使い方

タイトル(記事を選んだ時にでてくる読者が見るタイトル)

キーワードプランナーのログイン方法と使い方(今回はタイトルタグと同じ)

ソーシャルメディア向けタイトル

(39文字)

検索してもキーワードプランナーが出てこない方、ログイン方法と使い方を説明します

最後に

タイトルや記事の概要については文字数に気を配る必要があります。

そのあたりの事をコンテンツにしているので合わせてチェックしてみてください

www.asitadousuruyo.com

上位検索を狙うためにタイトルは重要な項目です。

ですがタイトルだけで検索順位が決まるわけではありません。

順序よくプロセスをこなして検索上位を目指してみましょう。

そのあたりのことも合わせてチェックしてみてください。

www.asitadousuruyo.com

読んでくれてありがとね

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事