ホントは脱毛したいけど恥ずかしくてサロンやクリニックに行く勇気がでない。

そんな引っ込み思案な人も多いかもしれません。

そんな悩みをもつ人に少し勇気をもってもらうために!

ほんの少し他のコンプレックスを後ろにおいて前に進んでみることができたらムダ毛というコンプレックスから解放されるんです!

男ですか?ってくらい剛毛が恥ずかしくて脱毛に行くのが恥ずかしい⤵

サロンやクリニックで施術してくれるスタッフのやる気ってどんなものでしょうか?

無気力に働くのって逆に疲れます。

やっぱりやりがいのある働き方って人から認められることです。

  • 店長から認められる
  • お客さんから感謝される

剛毛で恥ずかしい・・・

剛毛が施術していくことでみるみるとなくなっていくのをホントにうれしく思うお客さんをみてスタッフもとっても嬉しく思うものです。

うわっ剛毛で嫌だ!なんてスタッフは絶対思わないので安心してください!

剛毛すぎてわたしだけ脱毛がうまくいかなかったら恥ずかしい

クリニックのレーザー脱毛や多くのサロンで導入されているIPL方式のフラッシュ脱毛は黒い色のメラニンに反応する光を照射することで脱毛する仕組みです。

だから毛の薄いひとよりも剛毛のほうが(はっきりと黒い毛のほうが)脱毛効果が高いのです。

今はメンズ脱毛も流行っていますがおさるさんみたいな毛むくじゃらの人だってツルツルになっちゃうので女子の剛毛なんてなんてことないのです!

 

スポンサーリンク

ぽっちゃり体系だから体を見られるのが恥ずかしい⤵

施術の時、1番にそのコンプレックスをスタッフに言ってしまいましょう!

スタッフはとにかくお客さんが喜んでくれることがやりがいです。

もじもじとしているとスタッフは施術が満足できなかったのかな?と勘違いするかもしれません。

気になっていることがあっても勇気をもって脱毛に来たことをスタッフが知れば断然応援する体制になってくれますよ!

それにサロンやクリニックにくるぽっちゃり体系の人はとっても多いです。

キレイモが渡辺直美をイメージキャラにしたのって暗にそういうメッセージにも聞こえます。

脱毛に限らず人はたくさんのコンプレックスをもっています。

脱毛サロンやクリニックは数あるコンプレックスの1つを解消するために存在しているってことですからコンプレックスが強い人ほど来てください!っていうのがお店側の声なんです!

>>>キレイモ公式サイト

用意された紙ショーツ、紙ガウン、布ガウンなどのサイズがなかったらどうしよう・・・なんて心配をする人もいるかもしれません。

キレイモが宣伝キャラクターにしている渡辺直美サイズを用意していないはずがありません。

キレイモに限らず脱毛サロンで用意される着衣は痩身サロンで用意されているものと同じです。

なのでそんな心配もいりません!

逆に美容外科で脱毛を選んだときは痩身の勧誘を受けるかもしれません。

もちろんしつこい勧誘は現在ではほとんどありませんので興味がなければ普通に断ればいいだけです。

わきがが恥ずかしくて脱毛サロンやクリニックに行く勇気がでない⤵

わきがなどの臭いが気になってサロンやクリニックに行くのが恥ずかしいという人もいると思います。

多かれ少なかれ汗臭は誰でもあるものです。

思い切って脱毛をすると汗臭の軽減にもつながるので汗臭のコンプレックスからも解放されるかもしれません。

わきがをホントに治したいのであればわきが治療をおすすめします。

ただ、わきがのメカニズムを知ると脱毛することで臭いを軽減できることがわかるので少し解説したいと思います。

 汗を出す汗腺は2つありのですがニオイ、汗じみ・黄バミ、そしてわきがの原因となる汗はわきの下、股間、耳の中 、乳首のまわりなどに特定の場所に集まっている「アポクリン汗腺」です。

アポクリン汗腺から出た汗は皮脂と混ざり合い、さらに雑菌が付着してわきが特有のイヤな臭いになるのです。

このアポクリン汗腺は皮脂腺と毛穴につながっていているのです。

レーザーによるわきが治療はこのアポクリン汗腺の集まるわきの下にマイクロ波を照射してアポクリン汗腺に熱を加えて破壊する治療です。

脱毛がなぜわきがの軽減につながるかというと毛根が破壊されると、毛根で繁殖していた臭いの元である雑菌が減少するからです。

臭いの原因をつくるワキの常在菌は毛根部に多く繁殖するので毛根を破壊すると雑菌が減少して臭いが軽減されるのです。

VIOの脱毛に興味があるけどやっぱり恥ずかしい⤵

恥ずかしいと思うのはみんな一緒です。

そしてこれだけVIO脱毛が普及しているのを考えれば自分だけが特別ではないので大丈夫です。

もちろん施術では肌の露出を最小限に抑えるように工夫しながら施術しています。

ただ、施術スタッフが快く思わないパターンがいくつかあるのでそれだけは注意してあげましょう。

  1. 不潔な状態で施術をしにくる
  2. 生理を隠して施術をしにくる

できる限り衛生的にしてから施術しに来てくださいというのがスタッフの本音です。

やはりシャワーなどを浴びてある程度きれいにしてからサロンやクリニックにいくのがエチケットです。

年齢的にサロンやクリニックに行きにくい

いくつになっても女性はきれいになりたいと思っています。

若いときにはいろいろな理由で脱毛は自己処理で済ませていたけどホントは今からでも脱毛サロンやクリニックに通ってみたい。

でも、お店の客層が若そうでちょっと行きにくい⤵

そう思っている人も多いかもしれません。

今でこそ脱毛サロンを筆頭にリーズナブルになり多くの人が脱毛サロンやクリニックに通うようになりました。

でも、少し前まではとても高額で今のように気軽なものではありませんでした。

30代はもちろん40代の女性も脱毛に通いたいと思っている割合はかなり高いです。

さらに50代を過ぎても介護脱毛という将来に備えた脱毛がにわかに流行りだしています。

でも若者に混ざって脱毛に通うのは気後れしてしまう。

そう思ってしまう大人女子におすすめなのはクリニックの医療脱毛です。

ほとんどの医療機関(クリニック)では「完全予約制」で施術スケジュールを組んでいるので他のお客さんと合ったとしてもごく少数です。

また、クリニックがサロンに比べて高いことなどもあり、多少余裕のできた30代や40代の方もたくさん通っているのが現状です。

なので気にすることなんて全くないのです!

>>>アリシアクリニック公式サイト

理屈はわかるけどやっぱり無理な人へ

他のコンプレックスなど気にせず通ってみればいい!OKサインをだしている女性のイラスト

そうわかっていてもやっぱり恥ずかしいを捨てきれない人はサロンに通うのと同等の効果がある家庭用脱毛器ケノンで処理する方法があります。

いまや家庭用でここまでできるのかと思える高機能な脱毛器が販売されています。

ケノンがここまで売れたのはまさにこの「恥ずかしい」なんです。

実はケノンは男性からの購入がとても多いのです。

女性と違いメンズサロンはまだ敷居が高いもので市民権を完全に得てはいない分野です。

意識高い系の男子が通うもの。

一般の男子でメンズサロンに通ってみたいと思う人が潜在的には多いですがいざ通うには恥ずかしいが付きまといます。

そんなこんなで脱毛したい男子がサロンなどに通えずにいた訳ですが、ここでサロン並みのパワーのあるケノンが大人気となっていたのです。

もちろん女子にも人気の商品なので知っている人も多いかもしれません。

どうしてもお店で脱毛するのは恥ずかしい・・・

その思いが捨てきれないときは家庭用脱毛器ケノンでムダ毛というコンプレックスを1つ解消してはいかがでしょうか?

>>>ケノン公式サイト

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事