薄暗い部屋にいる美女

光脱毛

光脱毛とは、光を照射する脱毛方法のことですが、光脱毛は更に種類が分かれます。

エステサロンで行われる脱毛はこの光脱毛になります。

また、それぞれに特徴があるため、脱毛の部位や金額、期間の違いなどで比較することができます。

IPL脱毛

IPL脱毛とは、インテルスパルスライトの略称で、キセノンランプという光を使用する脱毛方法です。

毛のメラニン色素に黒い色に反応する光を照射して、毛母細胞や毛乳頭に熱を加えることでダメージを与え、ムダ毛の生成を抑える脱毛方法です。

メラニン色素に反応するので、むしろ濃くて太い毛のほうがより効果を得やすいのが特徴です。

また、生えている毛に対してダメージを与えるため、照射直後から脱毛効果を実感できるのも特徴と言えます。

しかしメラニン色素に反応するため、日焼けした肌やシミなど色素の濃い部分は施術ができず、色素の薄い。産毛などには効果を実感しにくいというデメリットがあります。

IPL脱毛で使われる光は、広く拡散しやすいタイプなので、1点集中型の脱毛方法に比べてダメージが少ない上、広い範囲を短時間で照射し終えることができます。

しかし、IPLの光は複数の波長が組み合わさっているため照射範囲は広くなりますが、力が分散されるのでレーザー脱毛の光よりも弱くなります。

IPL脱毛はレーザー脱毛よりは効果は弱いものの、痛みも少なく、さらに料金も安いので人気となっています。

メリット

  • 痛みややけどのリスクが少ない
  • 料金が安い
  • 広範囲の脱毛ができるので、施術時間が短い
  • 美肌効果も期待できる

デメリット

  • 産毛には効果が薄い
  • 日焼けした肌、ホクロやあざなど色素の濃い部分には照射できない
  • 毛周期に合わせる必要があるため脱毛完了まで時間がかかる

こんな人にオススメ

  • 効果をすぐに感じたい人
  • できるだけ費用を抑えたい人
  • 濃いムダ毛に悩んでいる人
  • VIO脱毛をお考えの人
スポンサーリンク

SSC脱毛

SSC脱毛とは、スムース・スキン・コントロールの略です。

抑毛効果のあるジェルを用いて行う脱毛方法となり、ジェルを塗布した上から光を当てて脱毛を行います。

SSC脱毛で使用するジェルには抑毛効果がある小さなカプセルが入っていて、ジェルの中には光と反応すると抑毛効果を発揮するジェルビーンズが含まれています。このジェルビーンズが毛穴に浸透し、毛根に対して脱毛効果を高めます。

S.S.C脱毛はジェルの上から光を照射するため毛根に直接的なダメージを与える強い光ではありません。

そのため肌への負担が少なくジェルとの相互作用で産毛にも効果を得ることができます。

メリット

  • 痛みがほとんどない
  • IPL脱毛に比べて肌にやさしく肌トラブルがないこと
  • 産毛と濃い毛の両方に効果がある
  • 美肌効果が得られる

デメリット

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 濃い毛はIPLの方が効果がある
  • 産毛はSHRの方が効果がある
  • 日焼けした肌、ホクロやあざなど色素の濃い部分には照射できない
  • 冷却ジェルの使用で体が冷える

こんな人におすすめ

  • 顔や背中など産毛の多い部位を脱毛したい人
  • 敏感肌な人
  • 特に痛みに弱い人
  • 美肌効果も期待したい人

SHR脱毛

SHR脱毛は、「スーパーヘアリムーバル」の略で蓄熱式脱毛とも言われます。

SHR脱毛はメラニン色素をターゲットとするIPLやSSCと違い毛根部分よりも表皮に近いところにあるバルジ領域という部分にダメージを与え脱毛を行います。

生えている毛に光を照射するわけではないので、毛周期に合わせて脱毛を行う必要がありません。そのため他の方法より早いペースで通うことが可能です。

メリット

  • 痛みが少なく、肌に優しい
  • 産毛にも脱毛効果がある
  • 日焼け、シミ、ホクロなど色素の濃い部分でも脱毛が可能
  • 表面に毛が伸びてなくても施術できます。

デメリット

  • まだ日が浅く実績が少ないため、効果を疑問視する声がある。
  • 普及率が少ない。
  • 照射する光自体に美肌効果はありません

こんな人におすすめ

  • 剛毛と産毛のどちらも脱毛もしたい人
  • 痛みに弱い人
  • 肌が弱い人
  • 日焼けをしている人

医療レーザー脱毛

医療用脱毛レーザーを照射する脱毛法です。

黒い色素に(メラニン)に当たったレーザーが、熱で毛を破壊します。その熱によって毛根の周りの細胞が損傷することで、毛の再生を抑制させるものです。

出力エネルギーが大きく、照射範囲も広いため、光脱毛に比べ、短時間に広範囲を処理する事が出来ます。

また、医療機関で行うため、万一肌トラブルなどになった場合、すぐに治療してもらえるという安心感があります。

メリット

  • 光脱毛に比べ、高い効果が期待できます(永久脱毛が可能)
  • 出力エネルギーが大きく、照射範囲も広いため、光脱毛に比べ、短時間に広範囲を処理する事が出来ます。
  • 医療機関で行うため、万一肌トラブルなどになった場合、すぐに治療してもらえるという安心感があります。
  • 肌表面に毛が伸びていなくても施術できます。

デメリット

  • 光脱毛に比べ、大きなエネルギーで毛根を処理するため、痛みが強いと感じる人もいます。
  • 施術マシンが高価で、医療資格者が施術を担当するため、一回の料金が高めです。

こんな人におすすめ

  • 多少費用がかかっても早く効果を実感したいという人
  • 時間をかけたくない。長期間通うのは面倒という人

ニードル脱毛(電気脱毛)

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込み、電流を流して毛根を破壊させる脱毛法で、針脱毛や電気脱毛とも言います。

針脱毛は歴史が深く、アメリカで逆さまつ毛を電流で除去したのが始まりで、すでに140年以上の歴史があります

使用される針は金属アレルギーを防ぐため、現在はチタンやゴールドで加工されています。

施術は、訓練を積み、「脱毛士」など専門の資格を持つスタッフが行います。

メリット

  • 一本いっぽんの毛根を処理するため、他の光脱毛などと比べて、最も確実性の高い脱毛方法です。
  • レーザーなどには反応しにくい、白髪など色素の薄い毛や、細い毛にも対応できます。
  • レーザー照射できない部位(目元や眉毛、色素沈着しているビキニラインなど)でも、処理できます。

デメリット

  • 一本ずつ処置する為、施術に時間がかかります。
  • 毛穴に針を刺すので、他の方法に比べて痛みが強いです。
  • 値段が高い。
  • 脱毛する箇所の毛を5ミリ~1センチくらい伸ばしておく必要があります。

必要な期間

平均的に1年~1年半の期間、3週間に1回程度。

回数の目安は5~6回。

※サロンや、施術部位、個人差により異なります。

こんな人におすすめ

最も確実性の高い脱毛方法ですがとにかく痛い、そして値段が高いということもあり人気の順序としては光・レーザーに次ぐ3番手です。

それでもニーズがあるのはこんな時です。

  • 他の方法で効果がなかった箇所を部分的に補う
  • 日焼けなど色素の濃い部分
  • 眉毛など形を整えたい部分

ワックス脱毛

脱毛専用のワックスを皮膚に塗布し、毛根からムダ毛を抜き去る方法なので、しばらくするとまた生えてきます。

一時的に脱毛が必要な方が、低価格で、手軽に行える脱毛法です。

脱毛専用の液状ワックス剤をあたためて、脱毛する範囲に塗り時間をおいて、固まったらはがします。

ワックス剤に包み込まれて固まった毛が、ワックス剤と一緒に毛根から抜けてゆきます。

メリット

  • 産毛までキレイになくなる。
  • ムダ毛とともに古い角質もなくなるため、肌がツルツルになる。
  • カミソリの処理に比べ、毛根から処理されるので、次に生えてくるまでの期間が比較的長い。
  • 1回で広範囲のムダ毛がなくなる。
  • 光や電気などの処理に比べ、低価格です。

デメリット

  • 複数本の毛を一気に抜き取るので痛みを伴います。
  • 抜き取る際の刺激により、肌へのダメージがあります。
  • 埋没毛になったりする可能性もある。
  • 永久脱毛ではないのでまた生えてくる。
  • 必要な期間基本的に1回、数十分間ほど。広範囲の場合は何度かにわけて実施します。
  • ※サロンや、施術部位、個人差により異なります。

こんな人におすすめ

個人差がありますが効果は2~4週間程度です。

  • ワキや足などと違いアンダーヘアは永久脱毛じゃなくてもいいかなと思う人。
  • プールなど露出する場所へ行くので応急処置として脱毛する。
  • 結婚式などのイベントで綺麗にしておく一時的な脱毛。

脱毛部位の平均回数

光脱毛は永久脱毛とは異なりますがムダ毛はほとんど生えてこなくなります。 期待する効果が出るまでの平均的な回数はこちらです。

SSC脱毛 IPL脱毛 SHR脱毛 レーザー脱毛
全身脱毛 8~12回 10~15回以上 10回前後 6〜8回
顔脱毛 5~10回 15回 10~15回 6〜9回
わき脱毛 10~15回 15~20回 10~15回 5〜8回
VIO 脱毛 15回前後 15~20回 10~15回前後 4〜9回
ヒゲ脱毛 5~10回 10回前後 10回 5~8回

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事