お金

 

サラリーマンのお小遣い稼ぎは気を付けないと会社にばれちゃいます。

でも、もう少しお小遣いほしい。

そんなときフリーランスでお小遣い稼ぎはいかがですか?

 

 

フリーランスと個人事業

最近フリーランスという言葉をよく耳にすると思いますがこのフリーランスとはいったい何者でしょうか?

特定の企業や団体・組織に専従しておらず、自らの技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主若しくは個人企業法人である。  

日本では「自由業」、「自由職業」、「フリーランス」と呼ばれる。

請け負った業務実際に遂行する本人はフリーランサー、フリーエージェントと呼ばれる。 ウィキペディアより

 

要するにフリーランスは個人事業主ということになりますね。

 

税務上もフリーランスは個人事業と同じ扱いになるため事業所得としての申告になります。

事業開始の届け出などをしない場合や僅少な場合、どの所得に属さない雑所得の申告になるようです。

 

フリーランスでどんな事業をしてる人?

その仕事を引き受ける都度契約を結ぶという形態をとる請負であり、小説家・芸能人など個人の能力によって成果が決まる職種に多いが、大工やプログラマなどの技術者、漁師のような古典的な職業も存在する。

派遣会社と契約している派遣社員は、派遣会社に属する従業員と見なされるため、フリーランサーではない。とあります。

独立して単体の仕事を請け負う人は基本的にフリーランスの位置づけということになりますね。

 

特に技術なんてないけど独立して仕事なんてもらえるの?

ライターやプログラマー・大工・工事業などのどこかに属して仕事としていた人が企業から離れ、今までの人脈などから直接仕事をもらう形がイメージしやすいフリーランスということになりますね。

こういった方は副業というよりは本業としてフリーランスになっている人が多いのではないでしょうか。

 

技能を絞ったマッチングサイト

大工や工事業なども個別受注であることにかわりないですがフリーランスとして仕事をマッチングするサイトはやはりエンジニア・デザイナー・イラストレーター・ライターが圧倒的です。

 

技能がない人はどうするの?

上記のような技術を持っていれば高額な報酬を得る仕事の受注も可能になるかもしれません。

しかし、今考えるのはサラリーマンとしての主体をもちながら副収入を得ようと考えること。 

高額なものに比べれば見劣りしたとしても家でゴロゴロして休日が過ぎていくよりはお財布のタシになればまずは考えてみようと思います。

 

タスク・軽作業

まず何も知識がなくてもPCさえ入力できるならばこんなのがあるようです。 

代行してテキスト入力

代行して商品登録作業

代行してショップの商品画像の加工

代行してタイピング

代行してアンケート

代行して口コミに投稿

代行して家事

 

などなど単価は少ないので結局割に合うの?って感じもしますが何もしなければ0円、何かすれば少しでもお金が入ります。

尚、この程度の仕事ならば申告は事業として登録せず副収入としてあるその他の収入、雑所得になると思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事