働きやすさや病院での仕事という安心感から、医療事務の資格は大人気です。

この医療事務は資格がないとできないというものではなく、仕事にスムースに順応するためのフォローとして先に勉強しておきましょうという趣旨の資格となります。

ですがいざお勉強を始めようと少し調べてみると医療事務の資格にはいろんな種類があることがわかります。

いったいどの資格をとればいいんだろうと迷ってしまいますよね?

ざっと種類を述べてしまうとこんな感じです。

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務技能審査試験
  • 医療事務管理士技能認定試験
  • 医療情報実務能力検定試験
  • 医療事務検定試験
  • レセプト点検業務検定試験
  • 医事コンピュータ技能検定試験
  • 医療秘書技能検定試験
  • 医療秘書技能認定試験
  • 診療情報管理士
  • 調剤事務管理士技能認定試験(調剤事務管理士)
  • 調剤報酬請求事務専門士検定試験
  • ケアクラーク技能認定試験(ケアクラーク)

たくさんある医療事務の資格の難易度やその後の仕事内容からどの資格を選べばいいのかのポイントをおさえましょう。

レセプトに関する資格

医療事務といってもいろんな仕事が存在します。

中でも専門性が最も高いのがレセプトに関するお仕事です。

このレセプトの仕事をスムースにできるようになっているかを問う試験として

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務管理士技能認定試験
  • 医療事務技能審査試験
  • レセプト点検業務検定試験
  • 医事コンピュータ技能検定試験

があります。

診療報酬請求事務能力認定試験の内容と難易度

医療事務の中では最難関、当然その分対外的評価も高い資格です。

働く医療機関によってまちまちですが資格手当が貰えるところもある資格です。

試験は学科試験と実技試験がありますが目的はレセプトの計算を自分でできるようになっているかを問う試験です。

実務においてはレセプトの計算自体はコンピューターが行うことが大半で、レセプト業務として大変なのはレセプト点検です。

でも、そもそもレセプト計算をできるようになっていないと点検作業の質も保てません。

この資格を目指してみようと考える方はこちらで勉強方法などトライするためのポイントをおさえましょう。

CTA画像
評価の高い診療報酬請求事務能力認定試験の勉強時間や費用など勉強スタイル毎のメリットとデメリットまど受験すべきか迷う方に

詳しく見てみる

医療事務管理士技能認定試験の内容と難易度

医療事務の資格としては古い歴史をもち認知度が高い資格です。

主にレセプトの書き方がきちんとできるかを確認する試験となります。

資格は医科と歯科にわかれているため、今後の仕事を決めた上でどちらかを選択します。

この試験はインターネット試験が導入されておりいつでも受験が可能です。

会場試験も年6回と頻繁に行われているためチャレンジしやすい環境です。

実務経験のない方が医療事務の仕事をしたい場合、医療事務の基礎を学ぶという目的で勉強し、難関の診療報酬請求事務能力認定試験へ繋げていくのがセオリーです。

医療事務技能審査試験の内容と難易度

医療機関等における受付業務、診療報酬請求事務業務に関する職業能力を確かめる試験です。

こちらは在宅試験となっており、年12回と頻繁に行われているため比較的合格しやすい試験です。

また、試験問題は実技Ⅰ・Ⅱと学科の3部構成でそれぞれが70%以上で合格となります。

何れかが70%以上で不合格となった場合、6か月に限り合格ラインを超えていた科目が免除されるようになっています。

レセプト点検業務検定試験の内容と難易度

患者様の病名に対して行われた検査や治療、処方された薬が正しいかどうかなど、請求業務の全般的な知識が試される試験です。

職業訓練でも実施されている試験でどちらかというとカリキュラムの最後にある試験といった感じです。

受験資格も認定講座(その講義が含まれる学校を含む)の受講が必要です。

未経験者が医療事務に就職したい場合のプロセスにある試験で合格率も80%を超えるため、取得しやすい資格といえます。

医事コンピュータ技能検定試験の内容と難易度

レセプトコンピューターを使用しながら、カルテや伝票、レセプトの作成を出来るかを確認する資格で準1級・2級・3級にわかれています。

レセプトの作成ということでその知識はもちろんのこと専用端末の作業の確認となることから基本的には専門学校等のカリキュラムで習う分野です。

なお、そのような教育の延長にある最終試験的な役割であることから合格率は何れの級も70%を超える高い合格率です。

医療事務の資格を選ぶポイント

様々な民間資格が乱立する医療事務ですが勉強をする上で自分の目的をすみ分けしておくことが大事です。

全くの未経験なのでまずは初歩を学んでおきたい

医療事務認定実務者(R)

医療事務技能審査試験

未経験ではあるが対外的評価のない資格に興味はない

診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務管理士技能認定試験
医療事務技能審査試験
レセプト点検業務検定試験
医事コンピュータ技能検定試験

とにかく短期間で取れるもので終わらせたい

医療事務認定実務者(R)

医療事務技能審査試験

独学が可能な資格じゃないとお金がかかるので困る

診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務管理士技能認定試験
医療事務技能審査試験

医療事務認定実務者(R)

既に実務経験があるので資格手当の付きやすい資格を目指したい

診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務管理士技能認定試験
医療事務技能審査試験

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事