改元のカウントダウンが始まり、いよいよ新元号も令和と発表されました。

皆さんはこの改元で私たちの生活にはどのような変化がもたらされるのか考えたことはありますか?

新天皇のご即位は国の一大行事です。新天皇ご即位については新天皇即位で126代続く天皇家のルーツも合わせてお読みください。

また元号は一世一元であることから合わせて改元されることになります。

この改元には様々な経済効果をもたらすことが予想されています。

アンテナを張っていたら私たちにも恩恵があるはずです。

そこで改元にどんな商機や恩恵が潜んでいるのか、考えていきましょう。

改元がもたらす経済効果

祝賀ムードの新天皇ご即位と改元が間近ですがどんな時でもお得な情報やビジネスチャンスにはアンテナを張っておきたいものです。

新元号セール

大手百貨店では軒並み大型セールの検討をしており大混雑が予想されています。

中でも注目したいのは楽天などのポイント還元が大々的に行われる可能性がある点です

またスマホ決済サービスの顧客獲得の争奪戦が始まっており、ペイペイやLINEなどが改元に合わせて還元イベントを出す可能性もあります。

まだ具体的なセールやポイント還元は流れてはおりませんが元号が施行される5月1日は熱い商戦が繰り広げらること間違いなしです

新元号と10連休

平成元年はミレニアム婚やミレニアムベイビーといった現象が起きました。

ブライダル業界や旅行業界は改元がゴールデンウィーク中である事もあり、改元記念の企画を打ち出しています。

平成の地名が付く村が大きな注目を集めた平成元年と同様に、元号と同じ地名などには一時的に観光の特需があるかもしれません。

新元号を社名に

新元号の発表に合わせて新元号を含めた社名の登記が殺到すると予想されます。

会社設立を考えている方や社名変更を考えている方は争奪戦に参加するなら早めに登記することをお勧めします。

尚、基本的に元号の商標権は認められないことになっています。

印刷業界の特需

早くから囁かれていましたが改元により多くの印刷物で刷り直しが必要となります。

これにより印刷業界は特需が生まれます。

また、残っている印刷物を利用するためにゴム印がバカ売れしているそうです。

記念貨幣

改元の年の記念貨幣は注目されるため記念に持っておくといいかもしれません。

昭和天皇がご逝去された昭和64年の硬貨などは価値があがっています。

また、電脳せどりをやっている人は商品として考えるのも面白いかもしれません

もう売り切れもありますがこちらが造幣局で買える一覧です。

造幣局 : 平成31年以降発行予定記念貨幣一覧

平成の始まりの日経平均

昭和天皇のご逝去からの1週間で日経平均は3.6%の上昇をしています。

これは改元の経済効果を期待した上昇と考えられます。

先に話したブライダル業界・印刷業界・旅行業界・百貨店などは間違いなく改元による恩恵を受けることでしょう。

業界関係者以外の方がこの恩恵を受ける方法は株式投資ということになります。

ブライダル業界ではワタベウェディング<4696>

旅行業界ではエイチ・アイ・エス<9603>

印刷業界では光村印刷<7916>、光陽社<7946>

ここで注意すべき点は今回の改元がスケジュールのあるものであった点です。

既出のことで株価に織込まれている可能性もあるため、平成元年と同じ株価形成をするとは限らないことを片隅に置いておいた方がよいかと思います。

テレビが一色に

新天皇のご即位はテレビ番組がその話題で一色になると予想されます。

昭和天皇のご逝去からの数日はレンタルビデオ(DVD)ショップが大繁盛でした。

皆さん興味を持っておりますが流石に四六時中となると他の番組も見たくなりますよね。

今はレンタルDVDもレンタルショップに行くことなく観れちゃう時代です。

TSUTAYA TVはレンタルビデオ店のTSUTAYAが始めた動画配信サービスです。

初回入会から30日間無料お試し! TSUTAYAの動画配信サービス(TSUTAYA TV)

無料お試し

Huluは海外発の動画配信サービスのため海外の映画やドラマが充実しています。

これを日本テレビが買収したため国内のドラマやバラエティなど見逃した番組も視聴することが出来ます。

【Hulu】月額933円(税抜)ですべての作品が見放題。今なら2週間無料トライアル実施中

無料お試し

あとがき

ゴールデンウィークが10日もある超大型連休に合わせた新天皇のご即位と改元は政府が綿密に考えた時期に思えます。

消費税増税を控える今年度、景気を支えつつ舵を切らなければならない政府の事情があります。

景気底上げの顔を持った一大イベント、何かしらその恩恵に与りたいですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事